ロト6 第1511回

 ロト6は2017年2月9日の第1147回から1等の賞金配分を、それまでの25%から倍の50%まで増やし、それと同時にキャリーオーバー時の最高賞金を4億円から6億円へとアップさせた。1等の賞金配分が倍増したことから、通常時に1等が1口出ても2億円を放出した残りが僅かではあるがキャリーオーバーするようになった。実際に、それ以前のキャリーオーバー率が31.7%だったのに対し、倍増後は同率が54.8%までと、これまた倍増したのである。

  おまけに2回続けて1等が出ずにキャリーオーバーすれば、間違いなく最高賞金の6億円ゲットのチャンスが到来するのだ。以前は最高の4億円をゲットするチャンスがなかなか訪れなかったが、今なら直ぐにでも6億円チャンスがやってくる。いい時代になったもんだねぇ~。でもそのチャンスを自分のものにしなきゃ意味がないね。よ~し、この夏が終わる前に是非とも6億円ゲットを成し遂げよう。

 さて、今回のセット球はようやく予想本命のCセットが15回ぶりに選択された。第4世代では15回使用され「05」が8回出てダントツ、「14」「23」「29」「31」「37」「39」「40」がまだ出ていない。前回のCセット出目は「05」「09」「13」「16」「17」「34」ボ「37」で、同セットでは「09」が連発中。1等は2口出ていた。

1個目は「24」・ブルー
 16回ぶりのご無沙汰。セットでは4回目。
2個目は「40」・ピンク
 3回ぶりの出現。セットでは初摘出だ。
3個目は「11」・パープル
 2回ぶり。セット2回目。
4個目は「22」・イエロー
 4回ぶり。セット2回目。
5個目は「38」・ブルー
 前回から連発。セット4回目。
6個目は「16」・グリーン
 8回ぶり。セットでは連発して4回目。今回は1桁が出なかった。
ボーナスは「06」・レッド
 本数字2回待ち。セットでは3回摘出。

 日曜の雨のおかげで秋の虫たちも鳴くようになったが日中はまだまだ暑い。その気象条件は「高気温」「高湿度」「低気圧」の条件に。この条件に合致したのは「24」のみ。今回出ての合致が高気温で合うようになった「11」。今回出た「16」「22」はこの条件に全く合ってなかった。

 出目全般では、この2回好調の10番台が今回も2個、1桁が出ないのは4回ぶり。惜しいね~、「11」が「12」とかだったら全偶数になってたが。「38」が連発した一方で「24」が16回ぶりのご無沙汰出現。でも「24」は第4世代で圧倒的に出ている数字に変わりはない。また、この出目に4個一致した過去出目が第1209回・第1465回の2回あり、第1465回では1等が3口も出たのが不思議だった。

 前回でミニキャリー消化。通常回に戻った売り上げは前回比4千万円の微減で14億円台半ば。今回は1桁こそ出なかったが、それ以降は連続数字にならずバランス的な出目だ。この結果、1等は1口出て賞金2億円ゲット。残った4144万9124円がミニキャリーした。おお、ミニキャリーでもキャリーはキャリー。これをきっかけに2回キャリーすれば6億円チャンスがやってくるのだ。その時に出る出目を今から考えておこう。

Share
カテゴリー: ロト6 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です