ロト6 第1452回

 ここ最近のロト6の出目を偶数・奇数で分けるなら、過去10回では偶数が圧倒的に多く出ている。前回などは偶数5個に奇数1個と完全に偶数に軍配が上がっていた。その反動もあってか、今回の本数字はすべてが奇数になり、ボーナスまで奇数になった。ロト6で本数字が全奇数になるのは27回目となるが、逆に本数字が全偶数になったのはたったの2回しかないのが不思議である。

 今回はもう一つ、出目のうち5個が「素数」になったのだ。素数とは「1より大きい自然数で、正の約数が1と自分自身のみである数字」のことを指す。ロト6では「02」「03」「05」「07」「11」「13」「17」「19」「23」「29」「31」「37」「41」「43」が相当、43個中14個と意外に多いのだ。ただ、これまで本数字6個がすべて素数になったことは一度もなく、素数5個になるのはこれで13回目。直近は第1396回の「03」「07」「11」「15」「23」「41」で、この時の1等は2口出ていた。

 さて、結果を見てみよう。今回のセット球は予想本命のFセットが選択された。第4世代では7回使用され「07」「08」「41」が3回出てトップ。前回のFセット出目は「01」「07」「20」「31」「41」「42」ボ「28」で、1等「該当なし」。この中に素数は3個あった。

1個目は「39」・緑
 18回ぶりのご無沙汰。セットでは2回目。
2個目は「19」・べ
 3回ぶりの出現。セットでは初摘出だった。
3個目は「37」・紺
 8回ぶり。セット初摘出。
4個目は「31」・青
 12回ぶり。セットでは連発して2回目。
5個目は「17」・青
 13回ぶりのご無沙汰。セット初。
6個目は「29」・紫
 4回ぶり。セット2回目。全奇数に素数5個、全奇数になるのも先の第1396回以来で56回ぶりだ。
ボーナスは「35」・赤
 本数字10回待ち。これも奇数。

 つい先日に大寒を迎えたばかりなのに4月並みの気温とは異常。その気象条件は「中気温」「低湿度」「低気圧」に。この条件に合致した出目はなく、今回出ての合致もなかった。2条件合致が「19」とボーナス「35」であったぐらい。また、この条件での初出現が、低気温で「17」「19」「29」「37」だった。

 出目全般では、前回は過去100回でよく出る数字の上位出目だったが、今回は素数5個を含む全奇数出目。30番台で3個は第1434回以来18回ぶり。前回からの連発はなく、10回ぶり以上が「17」「31」「39」と3個もあった。また、この出目に5個一致した過去出目が第140回にあり、「17」「19」「29」「37」「39」「40」と出て1等は2口だった。4個一致も3回あり、すべてが1等1口だった。

 今年は毎回1等が多く出ているロト6。おかげで今回の売り上げは前回比5千万円減の13億円台後半まで落ちた。1桁が出ず「17」始まりの全奇数。これが完全素数出目だったら多くの数学者に当てられただろうが、結果は1等が1口のみで2億円ゲット!残った4024万3754円がミニキャリーしたが、なんとこれが今年初のキャリーオーバー。これを機に次回もキャリー、その次もキャリーして、早く完全6億円チャンスになってほしいものだ。

Share
カテゴリー: ロト6 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です