ロト6 第1415回

 今回は2等に注目。ロト6の2等とは、本数字6個のうち5個に的中し、その後行われるボーナス抽せんで残り1個に的中するというもの。5個的中の3等が確率2万8224分の1なのに対し、2等は101万6076分の1と3等の36倍当てにくい。ところが希に、1等が出ないにもかかわらず2等が大量に出ることがある。1等が出ないということは、それだけ出目選択が難しかったはずなのに、1個だけ違う2等が多く出るとは一体どういうことなのか?

 過去に1等が出ずも2等が多く出たことは何回かあるが、比較的最近でいえば第901回と第919回がある。第901回の出目は「06」「13」「22」「28」「29」「37」ボ「14」で、1等「該当なし」で2等が25口も出た。これは不吉な数字「13」ではなく「14」にしたか?「28」「29」の連続数字のどちらかを「14」にしたとか?第919回の出目は「02」「09」「12」「17」「33」「42」ボ「26」で、1等「該当なし」に2等は43口も出た。これは「42」ではなく「26」にすればバランス出目になるからなぁ。

 そして今回も似たような結果になったが、一体なぜ?という疑問が湧く。さて、おさらいしよう。前回キャリーを放出し通常回に戻った今回。セット球は予想対抗のFセットが選択された。第4世代では4回使用され「08」「24」「41」が2回出ている。前回のFセット出目は「20」「24」「27」「29」「34」「35」ボ「43」で、1等「該当なし」だった。

1個目は「39」・緑
 8回ぶりの出現。セットでは初摘出。
2個目は「01」・紫
 12回ぶりのご無沙汰。セット初。
3個目は「03」・青
 10回ぶりとややご無沙汰。セット2回目。
4個目は「40」・べ
 前回から連発。セット2回目。
5個目は「07」・赤
 2回ぶり。セット2回目。
6個目は「34」・黄
 7回ぶり。セットでは連発して2回目。う~ん、10番台20番台が出ない変則出目になった。
ボーナスは「33」・べ
 本数字8回待ち。「34」と1つしか違わないのにね。

 気象条件は「高気温」「高湿度」「低気圧」の条件に。この条件に合致した出目はなく、今回出ての合致が「34」「39」。「39」は3条件すべてが今回で合致した。気温で合わなかった「01」は中気温では最も出る数字だ。

 出目全般では、両翼に割れたワイドなスプリット出目。10番台20番台が出ないのは第1394回以来21回ぶり。「39」「40」で連続1組。「40」が連発した一方で「01」「03」が10回以上のご無沙汰出現。また、この出目に4個一致した過去出目が第1044回に1回だけあり、この時は1等が1口出ていた。

 キャリーのない今回の売り上げは、前回比2億3千万円減の13億円台前半と低迷。このスプリット出目では1等「該当なし」になるのは当然としても、2等が26口も出たとはこれ如何に?賞金の261万100円は史上4番目に低い賞金となってしまった。どれか外して「33」を入れても変則出目には変わりないのに。う~ん、考えられるのは、スポーツ紙か雑誌、或はどこかのサイトの予想数字とかね。逆に3等は前回より賞金アップの51万円だった。

Share
カテゴリー: ロト6 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です