ロト7 第330回

 いや~、九州とか四国それに中国地方には台風がバンバン上陸するけど、宝くじの高額当せんもバンバン上陸?いや当たってるよなぁ。3月の第307回ロト7で出た10億円2本も広島県と島根県だったし、その前は福岡県からも10億円が出てたなぁ。でも最近の四国はもっと凄い。3回前のロト6では久々の6億円が香川県から出たが、同売り場ではロト7でも2口独り占めの16億円ゲットがあり、人口密度からして都会の高額当せん売り場に匹敵するほどの当たりっぷりとなっている。

 それだけじゃない。昨年10月は徳島県から10億円が出たし、今年3月には高知県でロト7の1等3口独り占めで28億円ゲットがあったばかり。このほかのロト6満額ゲットだって高知県と香川県でそれぞれ出ていたのだ。台風や豪雨の被害も大きいが、一方で神様がそれを見て幸運をもたらしてるのかもなぁ。もちろん、幸運を味方にするべく、昨日から「うどん三昧」なのは言うまでもない。

 さて、巨大な台風は遠くでも強風が吹き荒れるロト7。今回のセット球は第317回に使用されたHセットが13回ぶりに選択された。これまで28回使用され「12」「24」「28」が8回出てトップ、「10」が2回しか出ていない。前回のHセット出目は「07」「08」「14」「15」「16」「20」「29」ボ「18」「19」で、ミニロト出目でも2連続3連続数字になり1等は「該当なし」だった。

1個目は「12」・赤
 12回ぶりのご無沙汰。セット9回目で単独トップに。
2個目は「03」・べ
 なんと4連発したではないか!セットでは6回目の摘出。
3個目は「17」・べ
 4回ぶりの出現。セット6回目。
4個目は「10」・べ
 これも3連発だ!セットでは3回目でも最下位のまま。
5個目は「04」・黄
 5回ぶり。セット8回目。「03」と連続。
6個目は「18」・黄
 4回ぶり。セット本・ボ・ボ・本の4連発で7回目。
7個目は「20」・紫
 前回から連発。セットでも連発して6回目。おいおい、最大数字が「20」とはなぁ。
ボーナス1個目は「32」・黄
 本数字で16回も待っている。
ボーナス2個目は「19」・赤
 前回本数字から連発した。

 出目全般では、1桁2・10番台4・20番台1・30番第0個になり、このパターンは第25回と同じで2回目。10番台4個は第289回以来41回ぶりだ。本数字合計値84は歴代3位の低さで、最大数字が「20」なのは先月の第324回以来で史上2回目となる。「03」「04」と「17」「18」で連続2組。前回は一度に4個も連発したが、今回も負けじと3個が連発。「03」は怒涛の4連発、「10」が3連発、「20」が前回から連発した。また、この出目に5個一致した過去出目はなく、4個一致も第131回に1回あっただけ。

 前回のキャリーを受け、売り上げは前回比3億円増の18億円台半ば。それでもお盆と台風の影響で販売額は低めだ。最大数字が「20」とは難しかったが、記念日がらみで揃うミニロト出目でもある。この結果1等は1口出て賞金6億7488万9600円を放出してキャリーオーバー終了。う~ん、なかなか10億円チャンスにしてくれないねぇ~。仕方がない、次の10億円チャンスになるまで、讃岐うどんの「のど越し」に数字のヒントを得よう...「チュルチュル、ゴクッ!」...おおっ「25」?いや「37」かぁ?

Share
カテゴリー: ロト7 パーマリンク

4 Responses to ロト7 第330回

  1. 小田桐 正明 のコメント:

    おはようございます
    10億円を待たずに一等出てしまいましたね
    それにしても最近ほかの皆さんのコメントが低調ですね
    猛暑で参ってるんでしょうか
    (^_^;)
    福岡、広島、香川、高知と一等が西日本に集中してますね
    西高東低ってとこですかね
    験を担いでうどん食べたらいいんでしょうか
    ざる蕎麦ばっかり食べてたからなあ
    今度からざるうどんにしようっと
    (^o^)

    • loto7☆loto6 当たり屋 のコメント:

      実はうどんよりそば好き、夏はそうめんですかね~。でも最近は冷やしうどんも美味しいレシピがいっぱい出てきましたので飽きないです。
      いや~、観音寺チャンスセンター恐るべしですね。観音寺という地名から有名なお寺でもあるのでしょうか?チャンスセンター含めて何時か行ってみたいです。

  2. 小田桐正明 のコメント:

    こんにちは
    観音寺市には第69番札所の観音寺があります
    このお寺の名前がそのまま市の名称になってるんですね
    観音寺は703年に日証上人によって建立されました
    第68番札所神恵院の境内から石段を降りてすぐの所にあります
    大同年間には唐から帰国して間もない弘法大師がここを訪れ、そのまま第7代住職になっています
    室町時代初期の建築とされる本堂は金堂とも呼ばれ、国の重要文化財に指定されています
    朱塗りの柱が鮮やかだそうです

    歴代天皇の勅願寺では弘法大師も住職に就任したそうです
    もしかしたら、この金堂を拝むと御利益があるのかもしれませんね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です