ロト6 第1374回

 へぇ~、アメリカの宝くじ史上3番目の高額賞金に当せんした人物がついに名乗り出たんだと。先月27日に抽せんのあった「パワーボール」では、約859億4千万円の1等当せん者がウィスコンシン州から出ていたが、同州では賞金の受け取りに匿名が認められてないめ実名で名乗り出ることになった。この超高額賞金を受け取ることになったのは同州に住む「マヌエル・フランコ」というヒスパニック系の男性で、なんと24歳の若さというから驚きだ。

 はぁ、なんと羨ましいことか。この賞金は29年間の分割で受け取るなら満額の賞金となるが、フランコ氏は一括の受け取りを選んだため、この場合は税引き前で約533億7600万円まで減額されるという。それでもスゲェよなぁ。このニュースを聞いてネットでは「遠い親戚がうじゃうじゃ出てきそうだな」なんて声が上がってたが、ヒスパニック系といえども数万年前は俺の先祖と兄弟だったかもしれんしぃ?ガッハッハッハ~!超遠くだったとしても親戚であってほしいねぇ。

 さて、今回のセット球は予想本命のGセットが選択された。第4世代では初使用となるが、参考までに第3世代のGセットは66回使用され「12」「28」が14回出てトップ、「13」が4回しか出なかった。第3世代最後のGセット出目は「02」「05」「23」「36」「37」「41」ボ「43」で、1等「該当なし」だった。

1個目は「23」・青
 11回ぶりは旧Gセットからの連発。
2個目は「04」・べ
 3回ぶりの出現。
3個目は「05」・黄
 2回ぶり。同セットで連発した。
4個目は「01」・紺
 前回から連発。
5個目は「35」・紫
 6回ぶり。ミニロト出目は免れた。
6個目は「19」・黄
 12回ぶりのご無沙汰。今回は1桁で3個だったがバランスもいいか?
ボーナスは「36」・紺
 本数字11回待ち。

 気象条件は「中気温」「高湿度」「低気圧」の条件に。第4世代ではまだ1回も出ていない条件もあるので、今回も便宜的に第3世代で比較してみると、この条件に合致してたのは「19」のみ。2条件で合ってたのが「05」ボーナス「36」だった。

 出目全般では、前回は10番台で3個出ていたが今回は1桁で3個、ほか10・20・30番台で1個ずつ。「01」が連発した一方で「19」「23」が10回以上のご無沙汰出現。「04」「05」で連続1組。また、この出目に4個一致した過去出目が第431回に1回だけあり、この時は「01」「05」「19」「20」「35」「41」と出て、1等は5口も出ていた。

 前回でキャリーを失い、売り上げは前回比2億6千万円減の14億円台前半まで落ちた。やっぱり「01」を選ぶ人は多いのかねぇ、この結果、1等は1口出て賞金2億円を放出。残った1911万6746円がミニキャリーした。通常回に1等1口の2億円は、2月の第1354回以来20回ぶりとなる。まぁ、何百億円なんて夢のまた夢だが、2億円だって羨ましい。俺なんかには老後に向けて十分すぎる賞金かもね。

Share
カテゴリー: ロト6 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です