ロト6 第859回

 ロト6の数字の選び方は人それぞれ。毎回違う数字を選ぶ人もいれば、毎回同じ数字を買い続ける人、それに、しばらくは同じ数字を買い続けるが、ある時点で変更するという人もいるだろう。

 抽せんで使用されるセット球は現在まで3回変更され、そのそれぞれで多く出た数字もあれば少なかった数字もある。毎回同じ数字を選ぶ人であれば、選んだ数字がたまたま多く出た数字だとしたら、当たるチャンスもその分多かったわけだ。

 現在使用されている新球(第2)では、「10」「13」「24」「38」「40」のどれかを選んでいた人は当たるチャンスが多かった。反対に「03」「17」「30」「36」「43」を選んでいた人は当たるチャンスが少なかった、ということになる。

 ではこの先もそうなるか?というと、それは分からない。上記の出ていない数字が出るようになるかもしれないし、また上とは違った数字が勢いづくかもしれない。数字選択式の難しいところであり、またそれが醍醐味でもある。

 さて、今回のセット球は本命予想のCセットが選択された。新球(第2)では20回使用され、「33」「40」が6回出現し、「07」が1回も出ていないセットだ。前回のCセット出目は「01」「03」「04」「10」「15」「40」ボ「34」で、1等は2口出ていた。

1個目は「36」・べ
 12回ぶりとご無沙汰。セットでは3回目の摘出。
2個目は「17」・青
 2回ぶり。セットでは2回目と低迷していた。
3個目は「15」・べ
 4回ぶり。セットで連発して6回目はトップタイ。
4個目は「01」・べ
 2回ぶり。これもセット連発で4回目の摘出。
5個目は「21」・黄
 なんと41回ぶりの超ご無沙汰。セットでは3回目。
6個目は「12」・紫
 14回ぶりが大したことないように思える。セットでは5回目とよく出る数字。
ボーナスは「24」・青
 本数字3回待ち。セットでは4回出ている。かつては出ない数字の代表だった。

 気象条件は「中気温」「中湿度」「高気圧」の条件に。この条件に合致した数字はなく、2条件合致も「12」のみ。「12」以外の本数字は、新球(第2)では平均値以下の出現数だったので、偏らない限り合致には至らない。

 出目全般では、10番台3個に1桁・20・30番台で1個ずつ、前回よりは若干変則的な出目になった。ご無沙汰数字は3個。中でも最も長い間出ていなかった「21」が41回ぶりの超ご無沙汰出現を果たした。また、この出目に4個一致した過去出目はなかった。

 GW突入で心配された売り上げは、前回とほぼ同じの16億円台。この結果、1等「該当なし」になり、1億3641万3520円がキャリー。2等は前回と同じく4口のみで3千万円をキープした。

 毎回違う数字を選ぶ派は、過去何回かで出ていない数字を積極的に選ぶが、数字がどんどん逃げていく気がするし、毎回同じ数字を買う派は、もし数字を替えてしまった後に、前に選んでいた数字が出たりすると非常に悔しい思いをする。はたしてどっちがいいのやら。

Share
カテゴリー: ロト6 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です